スポンサーリンク




コワーキングスペースやシェアオフィスでの鍵セキュリティ管理には電子錠がオススメな3つの理由

異なる職業や仕事を持った方が集まり作業場をシェアしながら使えるコワーキングスペース。

多種多様な業種の方がオフィスフロアを共有して使うシェアオフィスは、働き方やスタイルが大きく広がった今、少しずつ浸透している新しいオフィス形態です。

個人で特定のオフィスを持つよりも格安で作業場を確保出来ること、会議室の利用や郵便物の受け取りも可能になるシェアオフィスもあるなど、コワーキングスペースやシェアオフィスは少しずつ便利なオフィス形態として広まっています。

 

しかしコワーキングスペースやシェアオフィスは多くの方が出入りするため、

  • セキュリティ管理

これらのオフィスにとって重要な部分は非常に難しいものとなってしまいがちです。

コワーキングスペースやシェアオフィスは打ち合わせや商談も含めると不特定多数の方が出入りするので、入室に関するセキュリティや鍵の管理はよりしっかりしておかなければなりません。

そのために維持管理システムを導入するという方法も考えると思いますが、

  • どれを選んだらいいのかわからない!
  • 難しい設置のものが多い!工事が必要!
  • なんか維持費やら初期費用やらで何十万円もかかると業者に言われた

みたいに悩まれるかたも多いのではないか、と思います。

そんなコワーキングスペースやシェアオフィスでの鍵セキュリティ管理を安全かつスムーズに運用するためには、電子錠をおすすめします。

特にそのなかでもおすすめな電子錠「Akerun Pro」を紹介するので、ぜひご確認ください!

スポンサーリンク

コワーキングスペース・シェアオフィスで電子錠をおすすめする理由

これからコワーキングスペースやシェアオフィスではなぜ電子錠がおすすめなのか?

その理由を説明していくので、コワーキングスペースやシェアオフィスの鍵セキュリティ管理にお悩みの方はぜひご確認ください。

メリットとしては端的に紹介しますと

  • 理由その1.鍵の受け渡しが便利
  • 理由その2.漏洩リスクの軽減
  • 理由その3.退会者の管理も安心

といった3つのメリットがあります。

順番に要約しますね。

理由その1.鍵の受け渡しが便利

電子錠は暗証番号やスマホのアプリなどで鍵の解錠・施錠を行うことができるので、物理的な鍵の場合に必要な鍵の受け渡しに関わる手間・人件費が削減可能です。

暗証番号やスマホでの解錠は番号の通知やSNSなどによる鍵発行で可、また曜日や時間を限定しての鍵の利用なども可能になるので、利用者も受け取りの手間なく出入りすることができます。

理由その2.漏洩リスクの軽減

物理的な鍵は紛失してしまうと情報漏洩リスクが発生してしまい、多くの方が利用するコワーキングスペースやシェアオフィスの鍵を紛失ともなれば、被害は計り知れません。

電子錠は入退室管理システムを使えるタイプがあり鍵の利用履歴も残るので、いつ誰が出入りしたか、鍵を使ったかをしっかり遡ることも可能、もちろん物理的な鍵ではないのでなくしてしまう心配もないんですね。

理由その3.退会者の管理も安心

物理的な鍵の場合はコワーキングスペースやシェアオフィスを退会した場合鍵を返却する手間がかかり、またその際万が一にも返却されなかったら鍵自体を取替える必要も出てきてしまいます。

一方電子錠であれば退会者が出た場合は発行していた鍵をすぐに剥奪することが可能で、暗証番号を使うタイプの場合も暗証番号を変更するだけですぐに運用が可能です。

 

物理的な鍵の場合は「誰がいつ鍵を使ったか」の管理も難しく、電子錠の鍵管理システムは多くの方が利用するコワーキングスペース、シェアオフィスではぜひおすすめします!

スポンサーリンク

セキュリティ管理や利便性を考慮したらAkerun Proが一番かも

なぜコワーキングスペースやシェアオフィスで電子錠がおすすめなのかを説明してきましたが、この理由を解決するには多くある電子錠の中でも特に

「Akerun Pro」

がおすすめです。

 

Akerun Proはレンタルで使っていく、スマホやNECカードを利用して鍵の解錠・施錠をする電子錠となっています。

買い切りではないため毎月のレンタル代はかかってしまうものの、Akerun Proにはコワーキングスペースやシェアオフィスに必要な機能が全て用意されているんです。

以下に何故コワーキングスペースやシェアオフィスではAkerun Proがおすすめなのかの理由をまとめているので、ぜひチェックしておきましょう。

 

登録や無料サンプル申し込み方法、退会方法など細かく情報を解説しているページもあるので、こちらの記事もあわせてあとでチェックしてみてくださいね。

(別タブで開いておくと、あとですぐ読めます!)

関連記事:

アケルン・Akerunの登録申込手順まとめ!サンプル申し込みのやり方を画像付きで解説

Akerunの口コミと評判を調査してみた!感想を集めつつ実際の製品をレビュー

Akerunの維持費はいくら?プランごとでかかる費用や必要な手続きは?

入退室管理システム

Akerun Proでは入退室管理システムが利用できるので、誰がいつ鍵を利用したかの利用履歴の確認や鍵の発行・剥奪が簡単に行なえます。

鍵の発行もゲスト用など自由に設定可能、またAkerun Proは鍵の発行数に制限がないので、不特定多数の方が出入りするコワーキングスペースやシェアオフィスに有効なんですね。

NECカード利用可

Akerun ProはNECReaderが用意されているので、NECカードを鍵の代わりとして使うことができます。

不特定多数の方が出入りする場所の場合、今は多くの方が利用しているとはいえ「スマホを所持していない方が利用する可能性」も考えておく必要があるんですね。

Akerun ProであればNECカードを鍵の解錠・施錠に使うことも可能なので、多くの方が利用するコワーキングスペース、シェアオフィスにとっても使いやすくなります。

初期費用・工事不要

Akerun Proは後付タイプの電子錠でドアに貼り付けて使用するため、電子錠導入の際に大掛かりな工事を行う必要がありません。

またレンタルで使用するため初期に本体を買い切る必要もなく、初期費用0円から電子錠を使っていくことが可能です。

もちろん不要となった際の原状回復工事も必要なくAkerun Proを外すだけでOKなので、電子錠導入に関わる費用を大きく抑えることができます。

安心サポート

Akerun Proでは365日24時間のサポートが受けられるので、万が一のトラブルや相談したいことがあった際にも便利です。

またレンタルで使用するためレンタル期間中は製品保証がずっと続くのもAkerun Proならではの特徴で、安心して電子錠を導入し、使っていくことができるようになります。

まとめ

コワーキングスペースやシェアオフィスは現代人の働くオフィス形態としてマッチしていて、都心部から少しずつ広まってきているオフィス形態です。

しかし不特定多数の方が利用するコワーキングスペースやシェアオフィスだからこそ、鍵の管理やセキュリティについてもよりしっかり対応していかなければなりません。

 

そんな場合におすすめなのが電子錠であり、またAkerun Proであればコワーキングスペース、シェアオフィスで欲しい電子錠の機能や導入しやすい理由になる

  • 入退室管理システム
  • NECカード利用
  • 初期費用・工事不要
  • 安心サポート

が全て用意されています。

ぜひコワーキングスペースやシェアオフィスの鍵管理の手間を減らす、安心できるセキュリティを確保するために、Akerun Proなどの電子錠を検討してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント