スポンサーリンク




電子錠の目的別の賢い選び方!予算・セキュリティ・使い勝手を比較した結果一番のおすすめは

近頃は防犯意識が高まり、オフィスや企業だけではなく一般の家庭でも普通の鍵ではなく電子錠を考えている方が増えています。

電子錠とは電気の力で施錠や解錠を行うタイプの鍵で、リモコンやカードを使うタイプ、暗証番号であけるタイプ、指紋認証タイプなど様々な種類も出ているんですね。

  • 電子錠についてはあまり詳しくないけれど興味がある
  • セキュリティや防犯対策として電子錠を導入したい

このように考えていても

「電子錠には興味がある、けれどどのような電子錠が良いのか分からない」

という方も多いと思います。

ここではそういった方に向けて、電子錠の目的に合わせた賢い選び方を

  • 予算
  • セキュリティ
  • 使い勝手

など比較しながら紹介していくので、ぜひご確認ください!

またこれらの条件をクリアする電子錠として「Akerun」がとてもおすすめなので、なぜAkerunがおすすめなのかもチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

電子錠を選ぶときに考えておきたいこと・選び方のポイント

まず最初に電子錠は様々な種類があり、目的や予算、セキュリティ、使い勝手などを考慮し選んでいくことが必要です。

そのためまずは「電子錠を選ぶときに考えておきたいこと」としていくつかのポイントをまとめましたので、ぜひチェックしておきましょう。

その1.安全であること

電子錠を導入する目的としてはやはり防犯対策やセキュリティ面なので、何よりも安全に使えることが大切になります。

またこの安全には「安全に取り付けられて運用ができる」も含まれているので、自分で購入し設定することが不安な場合は専門家に相談することも考慮しておきましょう。

その2.経済性に優れていること

電子錠は従来から使われている入退室管理システムを導入しようとすると扉ひとつにつき100万程度のコストがかかり、小さなオフィスや家庭に導入するものとしてはあまりにコストが大きいです。

そのため小規模なオフィスや家庭でも使える導入しやすい電子錠を考えるなど、経済性に優れているというポイントも電子錠選びでは必須となります。

その3.使いやすく維持管理も個人でできること

せっかく導入した電子錠が使いにくい、もしくは壊れやすく修理に来てもらうことが多いなど、維持や管理が大変では電子錠を使う気もなくなってしまうかもしれません。

導入する電子錠が使いやすいこと、維持や管理も個人ですぐにできることというのも電子錠を選ぶ際には重要なポイントで、こういった面もしっかりチェックしておくことがおすすめです。

電子錠の選び方を考慮したときにおすすめできる機種

電子錠の賢い選び方、選ぶ際に考えておきたいポイントである

  • 安全である
  • 経済性に優れている
  • 使いやすい
  • 維持管理が個人で可能

以上を踏まえて、おすすめできる電子錠をいくつか紹介していきます。

Akerunスマートロック

Akerunスマートロックはドアに貼り付けて設置するタイプの電子錠で、貼り付けの際も工具を必要としない、誰でも簡単に取り付けられるというのがメリットです。

Akerunのパッケージ内容

またそのお手軽さとは裏腹に機能は非常に充実していて、鍵の施錠、解錠はICカードやスマートフォンなど、権限の設定や切り替えはいつでも可能、さらに入退室管理も可能となっています。

Akerunはレンタルで導入した場合は月額が必要ではあるものの初期費用の負担はなく、万が一のトラブルにも24時間の安心サポートが整っているため安心して使うことが可能です。

関連記事:

Akerunの口コミ&実際に使ってみたレビュー

AEGISGATE(イージスゲート)

AEGISGATEは暗証番号型の電子錠でお住まいの扉に加工なしで設置することができ、解除番号を押すことで鍵をあけるシステムとなっています。

またICカード型でも認証ができるようになっているので、暗証番号をうっかり忘れてしまいそうな子どもやお年寄りでも安心です。

既存の鍵シリンダーを交換するだけの簡単取り付けでオートロック機能もついているため、安心して手軽に使える電子錠となっています。

Qrioスマートロック

Qrioスマートロックは家庭用に向けた電子錠で、鍵となるURLをSNSなどで送ることによってシェアされた人も解錠ができる、その人や時間は自由に設定できるのが特徴です。

QrioHubとセットで購入すれば電子錠の遠隔操作も可能で取り付け方法もサムターンの上にかぶせるだけというお手軽さとなっていて、家庭に簡単に導入する電子錠としておすすめとなっています。

この中でも得におすすめできるのはAkerunな理由

おすすめの電子錠を3つ紹介していきましたが、この中で特におすすめしたい電子錠はAkerunなんです。

導入コストが安くハイスペック

Akerunは家庭用としてはもちろん、セキュリティ対策が必要となったオフィスにもおすすめの電子錠で、鍵の管理だけではなく入退室管理も可能という便利な電子錠となっています。

入退室管理システムを導入しようとすると扉ひとつにつき100万円程度というコストが必要となり、またビルに入っているオフィスの場合はビルとの調整も必要になり大変…!

 

Akerunであれば扉に貼り付けるだけで電子錠の設置が終わり、さらに入退室管理もしっかりログを記録してくれるので、

  • 事務所での利用を検討している
  • 出退勤管理など労務管理をもっと自動化したい
  • なるべく機能は便利なもので、安全性も高いものがいい

という場合には特にAkerunをおすすめします!

 

鍵はスマートフォンもしくはカードで開閉となっていて期限付きの鍵の発行や剥奪も簡単、セキュリティの確保だけではなく困った際のサポートも24時間体制で受けられるのもメリットですね。

 

そんな安心できる電子錠がレンタルで

「毎月12,000円」

から使えるので、Akerunは家庭だけではなくオフィスにもおすすめできます。(ちょっと値上がりしたらしいですが、そのうちまた価格改定はあると思われます…!)

Akerunはサポートセンターも充実

万が一スマートフォンをなくした場合もAkerunの機能を止めるなど、すぐに対応できる24時間サービスがあるのはありがたいですよね。

さらにレンタルとなっているので万が一故障してしまった場合も無料で交換が可能、電池が減ってきた際もカスタマーサポートに電話すれば電池が届く……と、長期的な管理から見ても安心できます。

  • 入退室管理システムがあり安全
  • 初期費用がない
  • アプリで簡単操作
  • 取り付けも個人で可能
  • 24時間サポート
  • 故障のサポート

これらのおすすめポイント、トラブル対応の早さはオフィスにはもちろん家庭にとっても助かるポイントで、おすすめポイントから見ても格安で安心して使えるAkerunがおすすめです!

実際にお試しできたりもするので、無料サンプルを請求して使い勝手を判断できるのも、他のスマートロック・電子錠にはない魅力ですね。

関連記事:

Akerunの無料お試しキャンペーンの申込手順、登録方法を解説

まとめ

電子錠は電気の力で鍵を開けしめするためピッキングの心配がないというメリットだけではなく、遠隔操作や鍵を渡す相手・使えるタイミングなども細かく設定できます。

スマートフォンなどを鍵として使えば鍵を持ち歩いてうっかり落としてしまうなどの心配もなく、ご家庭の鍵として考えても十分なメリットがあるんですね。

 

電子錠をしっかり使いこなすためには

  • 安全である
  • 経済性に優れている
  • 使いやすい
  • 維持管理が個人で可能

こういったおすすめの選び方ポイントを参考に考える必要があり、おすすめするAkerunはすべての条件をクリアしている電子錠なので、ぜひ一度お試しくださいね!

 

関連記事:

Akerunの口コミ&実際に使ってみたレビュー

スポンサーリンク

コメント