スポンサーリンク




NinjaLock(ニンジャロック)の特徴・口コミを調査しつつオススメの使用例や使い方を紹介

スマホなどで鍵の解錠・施錠ができる電子錠・スマートロックは、オフィスなどだけではなく一般家庭にも防犯対策として広まっています。

しかし電子錠は多く、

  • 自分に合った電子錠は?
  • どれがおすすめなの?

など、迷ってしまうんですね。

 

そこでここではそんな電子錠・スマートロックのひとつ「NinjaLock(ニンジャロック)」について、その特徴や口コミを調査しながら

  • おすすめの使用例
  • 使い方

などを紹介していきます。

たくさんある電子錠・スマートロックの中からどれを選べば良いのか迷っている方、NinjaLockはどんな電子錠なのか気になっている方、ぜひご確認ください!

スポンサーリンク

NinjaLockはどんなスマートロック?特徴を紹介

NinjaLockは、電子錠やスマートロックとしてほしい必要な機能は全て搭載されている電子錠です。

  • オートロック機能
  • 従来の鍵使用可能
  • 鍵シェア可能
  • 遠隔操作可能
  • 履歴の閲覧可能

このように基本的な機能はそろっていて、またNinjaLockには内蔵時計があるので、時刻に合わせた鍵の開閉も可能となっています。

 

Amazonでの価格チェックはこちらをクリックORタップ

 

NinjaLockならではの特徴として

「専用キーパッド」

というものがあり、専用キーパッドを一緒に使うとスマホだけではなく暗証番号やNFCカードを利用した鍵の解錠・施錠が可能になるんです。

 

スマホは多くの方が持つアイテムとなってはいるものの、持っていないお年寄りの方、また小さなお子様も使う環境ではスマホのみの解錠・施錠だと困ります。

そんな場合は専用キーパッドを購入して使えば問題なく、また暗証番号を入力するシステムは外国人観光客にも使いやすく、民泊などにも便利です。

 

NinjaLockは取り付けも簡単、さらにスマートロックを取り付ける際はサムターン(つまみ)が取付可能かどうかというのも重要で、NinjaLockは様々な形状のサムターンに合わせやすくなっています。

ドアの取り付けも粘着テープと別売りではあるものの強力磁石の追加パーツを選択すればマグネットで取り付けも可能なので、使いたい場所に合わせて調整しやすいのが特徴です。

価格のコスパや維持費は?

NinjaLockのコスパや維持費について、まずは以下の基本価格をチェックしておきましょう。

●NinjaLock本体
51,840円(税込)
●専用キーパッド
23,760円(税込)

現在は価格が安めのスマートロック・電子錠も多くあり、それらと比較するとNinjaLockは比較的高めと言わざるを得ません。

スポンサーリンク

しかしNinjaLockのメリットとして

「付属品が不要」

というものがあり、(専用キーパッドは別として)NinjaLockのみの購入で遠隔操作まで含めた機能を使えます。

 

例えばWiFi遠隔操作デバイスなどを別売りとしている電子錠は多く、そういった電子錠は合算すると高く感じてしまったり、電池のチェック回数なども増えてしまうんですね。

NinjaLockは本体のみで遠隔操作などの機能も全て使えるので、遠隔操作・閲覧履歴などの機能も使いたい、専用キーパッドで暗証番号なども併用したい方にぜひおすすめします。

 

また気になる維持費は

  • NinjaLock本体バッテリー:単3形アルカリ電池4本(初回は同梱)、毎日10回使用/1年間
  • NinjaLock専用キーパッドバッテリー:単3形アルカリ電池2本(初回は同梱)、毎日10回使用/1年間

このようになっていて、基本的に維持費はバッテリー交換程度になるので、維持費としては非常にお得と言えるんですね!

NinjaLockが向いている使い方とオススメの使用例

NinjaLockは

  • 遠隔操作などをしたい場合にも別売りのパーツなど購入せず使用できる
  • 専用キーパッドを使えばスマホを持っていないお年寄りやお子様も暗証番号・NFCカードなどで解錠が可能になる

このような特徴があるので、

家庭用
まとめて管理したい方

におすすめします。

 

専用キーパッドを使えばスマホが不要になるというのはスマホを持たないお子様などがいても導入できることになるので、小学生のお子様がいる場合にも使いやすいです。

強力磁石のマグネットで取り付けが可能というのもNinjaLockならではの特徴で、一時的な利用が多い……例えば空室の内覧用などにも使いやすくなります。

 

NinjaLockは手動での鍵の開閉も全部履歴に反映されるので、よりセキュリティを強化したいオフィスなどでも効果的に使うことが可能です。

多くの電子錠・スマートロックの場合は遠隔操作などを使う場合追加パーツが必要になるので、本体のみ購入で遠隔操作が出来るNinjaLockは維持のしやすさから見てもおすすめします!

まとめ

NinjaLockの特徴

  • 遠隔操作したい場合にも別売りのパーツなどは購入せず使用できる
  • 専用キーパッドを使えばスマホを持っていないお年寄りやお子様も暗証番号・NFCカードなどで解錠が可能になる

これらは一般家庭でスマホを持たないお子様やお年寄りの方がいる場合、オフィスなどでまとめてたくさんの鍵を管理したい場合どちらにも対応しているんですね。

 

強力磁石で取り外しも簡単なので、民泊や部屋の内覧など鍵を管理したい場所や時間が違う場合にもスムーズに取り付けができます。

本体価格や専用キーパッドは確かに割高に感じるものの追加パーツなどの管理がなくなるのは魅力なので、使いたい場所に合うと思った方は、ぜひNinjaLockを試してみましょう!

スポンサーリンク

コメント