スポンサーリンク




QrioLock(キュリオロック)の特徴・口コミを調査!使い方とオススメの使用例も

スマホなどで鍵の解錠・施錠ができる電子錠・スマートロックは、オフィスなどだけではなく一般家庭にも防犯対策として広まっています。

しかし電子錠は多く、

  • 自分に合った電子錠は?
  • どれがおすすめなの?

など、迷ってしまうんですね。

 

そこでここではそんな電子錠・スマートロックのひとつ「Qrio Lock(キュリオロック)」について、その特徴や口コミを調査しながら

  • おすすめの使用例
  • 使い方

などを紹介していきます。

たくさんある電子錠・スマートロックの中からどれを選べば良いのか迷っている方、Qrio Lockはどんな電子錠なのか気になっている方、ぜひご確認ください!

スポンサーリンク

Qrio Lock(キュリオロック)はどんなスマートロック?特徴を紹介

まず最初にQrio Lockとはそもそもどんな電子錠なのかを、基本的なQrio Lockの特徴からチェックしていきましょう。

 

Qrio Lockは

  • オートロック機能
  • ハンズフリー機能
  • 鍵シェアOK
  • パソコン操作可能(カギカン利用時)

などの機能があり、電子錠・スマートロックとして必要な機能はきちんと搭載されている、使いやすい電子錠です。

アマゾンでも販売されていて、流通量も十分ですね。
(アマゾンでの価格など詳細は画像をクリック)

日本の鍵に合わせた後付タイプの電子錠なので取り付けも簡単、幅広い鍵に対応していて基本的に鍵やドアの取り替えも必要ありません。

Qrio Lockはスマホのアプリで鍵の解錠・施錠ができるのはもちろん、ハンズフリー機能がついているのも大きな特徴で、この機能を使えばスマホを持ち出す必要もなくなります。

 

また

  • AmazonAlexa
  • Google アシスタント

これらに対応しているため、Qrio Hubを別途購入すればスマートスピーカーに話しかけ、鍵の解錠・施錠状態の確認や操作を行うことも可能です。

AppleWatchにも対応しているため、ちょっとしたおでかけやコンビニに行きたい際にはスマホを持ち歩く必要もなくなります。

スポンサーリンク

さらに別途購入の「QrioKey」を購入するとスマホを持たなくてもボタン操作で鍵の解錠・施錠ができるようになり、スマホを持っていないお子様がいるご家庭でも安心なんですね。

 

最後にカギカンサービスというサービスがあり、これを使えば機器のレンタルやパソコンでの操作が可能になるなど、より便利に、効果的に使うことができます。

基本価格4,980円、2セット目からは2,980円、10セット以上の場合はお問い合わせになり、多くの鍵を扱う場合におすすめで便利になっていくので、複数の鍵を管理したい場合はぜひカギカンサービスもチェックしてみてください。

価格のコスパや維持費は?

Qrio Lockのコスパや維持費について、まずは一番気になる本体や別途購入パーツの値段をチェックしてみましょう。

●QrioLock価格
・本体:21,080円
・QrioKey:4,280円
・Qrio Hub:9,012円
※全て税込価格

カギカンサービスを使う場合は毎月4,980円がかかるものの基本的には本体、そして必要であればQrio HubやQrio Keyを購入するという形です。

電子錠・スマートロックはたくさんあり、例えば家庭向けのAkerunは本体価格が36,000円なので、例え全部購入しても同程度の価格で多くの機能が使えることになります。

 

Qrio Lockの維持費についてはそれぞれバッテリー代程度になるので非常に安く、ほぼ考えなくても大丈夫です。

このようにまとめるとQrio Lockはコスパ・維持費ともに優秀、さらにハンズフリー機能など便利機能もある、おすすめの電子錠と言えますね!

Qrio Lockが向いている使い方とオススメの使用例

Qrio LockはQrio Hubなどを使えば遠隔操作も可能になるなどどんな場所でも使える電子錠なものの、やっぱり一番のおすすめとしては「家庭向け」ではないでしょうか。

ハンズフリー機能は毎日の買い物などにも便利で、小さなお子様やスマホを持たないお年寄りがいるご家庭の場合もQrio Keyがあれば解錠・施錠が可能です。

 

また

  • AmazonAlexa
  • Google アシスタント
  • AppleWatch

これらに対応しているのもスマートホーム化を進めているご家庭にとっては嬉しく、Qrio Lockは

どこでも使える電子錠
比較的家庭向け

という結論になります!

まとめ

Qrio Lock(キュリオロック)は電子錠やスマートロックに求めている機能、例えばオートロック機能や鍵のシェアなどはもちろん可能で、さらに

  • AmazonAlexa
  • Google アシスタント
  • AppleWatch

これらに対応した、スマートホーム化を進めたいご家庭や小規模のオフィスにより向いた電子錠・スマートロックです。

 

本体価格や維持費を見ても、例えばAkerunなどレンタルが必要な機能の場合毎月12,000円からになるので、同程度の機能を買いきって使用できるQrio Lockはお買い得と言えます。

Qrio Lockは家庭向けではあるもののもちろん小規模オフィスや民泊など幅広く使える電子錠なので、気になる方はぜひ一度試してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント