スポンサーリンク




リボーン2の特徴・口コミを調査しつつオススメの使用例や使い方を紹介

数ある電子錠の中でもリボーン2という製品が気になって、家の施錠管理に導入してみようかな、と思いながらも、実際の使い勝手や品質はどうなんだ?と思うことはありませんか?

 

個人でも利用ができる電子錠・スマートロックのひとつリボーン2は、リモコンで鍵を解錠するシンプルな電子錠で取り付けも非常に簡単です。

結論としてはスマホを持たない方もいらっしゃるご家庭に向いた電子錠となっています。

 

今回は電子錠・スマートロックのひとつ「リボーン2」について、口コミや仕様を調査しながら、あなたが知りたいと思われているであろう

  • おすすめの使用例
  • リボーン2の特徴、ポイント

について紹介していきます。

スポンサーリンク

リボーン2はどんなスマートロック?特徴を紹介

リボーン2は「後付けリモコン電気錠」として販売されている通り、リモコンを使って鍵を解錠するタイプです。

  • オートロック機能
  • 取り付けが簡単
  • 乾電池使用

至ってシンプルでありながら電子錠・スマートロックとして持っておきたい機能・特徴はしっかり持っていて、乾電池使用であるためバッテリー代も安く済みます。

 

(アマゾンにも参考商品がありました↓)

使い方も簡単で専用のリモコンで鍵を解錠し、自動施錠をONにしておけば一定時間(15秒・30秒からの選択)で勝手に鍵がかかるというシンプルな仕組みです。

付属のノブキャップを取り付けておけばサムターン回しをブロックすることが可能なので防犯的にも嬉しく、手軽に鍵を持ち歩く必要をなくせますね。

 

一方リボーン2をとりつけられるかどうかは事前に確認する必要があり、以下のタイプによって購入するリボーン2も変わるのでご注意ください。

●LAタイプ
美和ロック社
LA/LAF/MA/DA/DAF
●LSPタイプ
サムターンがネジ(M5)2本で取り付けられている、なおかつネジとネジの距離が26mのタイプ(サムターン形状は問わない)
●TXタイプ
ゴール社
TXK/SK

また実際に取り付けられるかはドア周辺に取り付けられるスペースが確保できているか確認が必要なので、リボーン2を購入する前にきちんとチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

価格のコスパや維持費は?

リボーン2は取り付けも簡単ですぐに使えるリモコンタイプの電気錠であることが分かりましたが、コスパや維持費についてもチェックしておきましょう!

 

●リボーン2各タイプ
本体+リモコンキー2つ:25,000円
追加リモコンキー:5,500円

近頃は格安の電子錠もあるのでこの本体価格はあまり安くは見えないものの、セットとして最初からリモコンキーが2つついているんですね。

追加で購入する場合は2つ購入すると11,000円なので、これを差し引いて考えると鍵をリモコン錠にしたい場合、かなりお得と言えるのではないでしょうか。

 

維持費については

●本体
単3アルカリ乾電池×4
(10回/1日で約1年)
●リモコンキー
CR2032リチウム電池1個
(10回/1日で約2年)

リボーン2は買いきって使用するため必要となるのはバッテリー交換の際の電池代程度となり、それぞれこのように非常に長持ちする仕様となっています。

改めてチェックしていくとリボーン2はコスパ・維持費どちらも非常に優秀で、長く使う電子錠・スマートロックを検討する場合、十分おすすめできる商品です!

リボーン2が向いている使い方とオススメの使用例

リボーン2は1日10回の使用が想定されている、リモコンでお手軽に鍵の解錠が可能になると考えると、おすすめの使い方としては

家庭向け

の玄関になります。

鍵を取り出して差し込み解錠する手間を考えるとリモコンを押すだけ、さらに自動でオートロックがかかるという安心は、小さなお子様がいるご家庭でもおすすめです。

 

スマホを用いて鍵の解錠・施錠を行う電子錠は多くあるものの、家庭ではスマホを持たない小学生のお子様やお年寄りなど、様々な年代の方が鍵の解錠を行います。

リボーン2であれば必要分のリモコンキーを事前に購入しておけばスマホなどに頼らず解錠が可能になり、万が一の閉め忘れもオートロック機能により安心です。

様々な年代の方がいらっしゃるご家庭、小さなお子様がいて毎日の買い物や鍵のチェックが大変という方におすすめなので、一度ご検討くださいね!

まとめ

リボーン2は至ってシンプルなリモコンで鍵の解錠を行うタイプで、オートロック機能もあるため万が一の閉め忘れも心配せずに済みます。

それでいて維持費は

  • 本体:1年
  • リモコンキー:2年

とバッテリー交換期間に余裕があるので安く、付属のノブキャップを取り付けておけばサムターン回しをブロックすることも可能となり、手軽に鍵を持ち歩く必要をなくせるんですね。

電子錠・スマートロックを導入する際にスマホに頼らない解錠、できるだけシンプルに使いたい場合におすすめなので、ぜひ一度リボーン2を試してみてください!

スポンサーリンク

コメント